北総台地の説明

北総地域の概観

北総とは一般的には房総半島南部を除く千葉県北部地域のことであり、地域を囲む明確な境界としては利根川と江戸川及び東京湾北部があり、東は太平洋に接している。 地形的には、複雑に侵食された台地、台地の侵食部分(谷津)から大河川周辺に拡がる低地平野、両者の境にある傾斜地からなる。 また、低地平野には、台地からの水を集める河川とそれが流れ込む印旛沼や手賀沼がある。
土地利用は 台地では、畑や果樹園等の農地、平地林及び造成されたニュータウンがあり、 低地平野では水田があり、台地に食い込んだような谷津には台地の湧水を利用した谷津田がある。   台地と谷津の間の傾斜面は農地や住宅地としての開発から取り残され斜面林となっているところが多い。 斜面林の裾と谷津田の境に沿って、古くからの農家が細長く軒を並べて集落を形成している。
北総地域の一帯は人々が、自然に働きかけながら暮らした里山里地となっており、生物多様性にも富んでいる。

北総台地

北総台地(ほくそうだいち)は、千葉県北部一帯に広がる台地。一般的には旧下総国の台地の部分を指し、下総台地(しもうさだいち)とも呼ばれるが、 正確な定義は存在しない。両総台地とも呼ばれる。
第四紀の下総層群の上に関東ローム層が堆積したなだらかで安定した地層であり、南側の上総層群が露出している房総丘陵とは地質的に異なっている。
約12~13万年前は 関東平野には「古東京湾」と呼ばれる大きな内湾が広がっていた この頃、その内湾の波浪や潮流よって貝殻が集められ堆積したものが木下貝層であり、千葉県北部から茨城県南部に広く分布している  木下貝層に見られる貝化石はマタギガイ バカガイ キオロシアサリ サラガイ マメウラシマガイ等でこれら貝類と同一の 種類は現在でも海岸やその沖合に生息しているらしい  ( 写真:15~12万年前此処は海底であったことを示す木下貝層 資料:《崖の白い層の部分》


2万年以上前は氷河期で地球は氷で覆われ海面は現在よりも100m以上低下し陸地は深く浸食された その間に富士山の火山活動による火山灰の堆積がなされた
7000年前ごろには温暖になり氷が解けて海に入り込み7000年前ごろには縄文海進とも呼ばれ海面は急上昇した  海面の広がりは古東京湾ほどにはならなかったが現在の谷津は殆んど覆われていた
その後 4000~5000年前からは地殻変動(陸地の隆起と海底の沈下)により海面が再び後退 し陸地であったところは台地となった 標高は50mを超えるところもあるが概ね20~40mでありなだらかな起伏が続く地形となっている 台地には複雑な樹枝状の無数の谷が切れ込んで谷津と呼ばれる低地帯が広がっている 
  
 参考資料;木下貝層の解説板 朝日新聞(2011.5.14 朝刊PLUS欄) Wikipedia
資料:《古東京湾と縄文海進の海の広がり》 資料:《北総台地の成り立ち》

里山里地

里地里山の定義は必ずしも明確ではないが、環境省によれば「里地里山とは、原生的な自然と都市との中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林、 それらと混在する農地、ため池、草原などで構成される地域です。農林業などに伴うさまざま人間の働きかけを通じて環境が形成・維持されてきました。  里地里山は、特有の生物の生息・生育環境として、また、食料や木材など自然資源の供給、良好な景観、文化の伝承の観点からも重要な地域です。過疎化や高齢化などにより人為の働きかけが減少し 景観の荒廃や里山特有の動植物の衰退など生物多様性の劣化が進行しており、保全・再生が急務となっている」と説明しています。--財団法人 環境情報普及センター/EICネット(Environmental Information & communication Network)



斜面林

斜面林(しゃめんりん)は文字通り斜面の森林である。関東地方では谷津を縁取る形で位置し 近年 特に都市部において環境・生態系に対する重要性が見直されてきている 関東地方、茨城県南部・千葉県北部・東京都東部等の谷津に見られる斜面林では、多様な生物が生息する豊かな生態系が保持されている。 台地と谷津の斜面に位置するため高低差が最大でも30メートル程の斜面であり、下部には、水はけがよい台地から湧水がある。斜面のため 耕作地・住居・道路等には適せず、  土砂崩れ防止のため樹木が伐採されず森林が残っていることが多い。 さらに スギ・ヒノキ等、木材に適するが根の浅い針葉樹樹木ではなく 根が深いカシ・シイ等からなる照葉樹林が残されてきた場所も多い。 照葉樹林は関東地方以南の平地における極相であり 針葉樹の人工林に比べ、動物の餌となる果実 ドングリ等の種子がはるかに多く得られ 下草や低木も多く森林の階層構造が発達し 生物の多様性が維持される 二次遷移によるクヌギ等でも同様である 谷津を縁取るように位置するため、緑の回廊としての効果も併せ持っている。 都市部を除き、高度経済成長期以降も維持・保存されてきた斜面林が多かったが、 土木技術の発達と経済的な理由により前世紀末から都市近郊においても開発が進み、マンション等の用地として急速に失われている(森林破壊)のが現状である。 参考資料;Wikipedia

2次林

伐採や風水害、山火事などにより森林が破壊された跡に、土中に残った種子や植物体の生長などにより成立した森林。 溶岩など土壌のない地盤に森林が成立していく過程と違って、土壌が存在する場合には、初めからカンバ類やマツ類などの陽性の樹木が成長し、 長い年月をかけて、やがて陰性の樹木に置き換わり安定した森林(極相)となる。このような遷移を二次遷移と呼び、二次遷移の途中にある森林をおもに二次林と呼ぶ。 日本の森林の約36%を占め、カンバ類やマツ類などのような陽性の樹木が一斉に揃って生えた林が典型的である。二次林にはクヌギ、コナラの多い雑木林などのように、 繰り返し伐採される萌芽林も多い(クヌギ、コナラなどは、伐採しても切り株から数本の芽を出して株状に成長する。萌芽林は、このようにして成長した樹木の多い林)。放置されると遷移が進行し、その過程で二次林に特有の動植物種が消失することがある。--財団法人 環境情報普及センター/EICネット(Environmental Information & ommunication Network)

印旛沼

千葉県北部,印旛郡のほぼ中央に位置し 北総台地の広域の水が鹿島川、神崎川等から流入している 沼からは長門川を通じて利根川に流れ出るが 利根川の堆積物によって遮られ排水が充分ではなく広大な沼地となっていた かっては利根川に増水があると逆流し 沼周辺の低地はしばしば水害に襲われ周辺の水田に大きな被害をもたらした 
東京湾と印旛沼の間にある台地を開削し 印旛沼の水を東京湾側の花見川につなげれば水量調整と干拓による水田拡張も可能であった
江戸時代の3回の開削・干拓計画はいずれも失敗したが,1946年農業用地造成を目的とする国営の干拓事業が開始され 63‐69年水資源公団によって大改造が行われ 1967年には開削も成功している 沼の面積と形態は大きく変わった 沼は北部調整池(5k㎡)と西部調整池(5.5k㎡)に二分され 両者を水位調整水路でつなぎ 沼の北部 中部 西部に936haの干拓水田を造成した
 現在 沼は京葉臨海工業地帯の工業用水と都市用水,干拓地の農業用水の源となり,その他の水は長門川から印旛機場を経由して利根川へ排水され 又は開削された疎水路を通り大和田機場を経由して花見川・東京湾へと排水されている
しかし周辺流域の都市化による生活廃水により沼の汚染が進でしまった 現在は沼の水質浄化が大きな課題となっている

資料:≪水資源機構(千葉用水総合管理所)のホームページの解説へ≫

木下(きおろし)街道と鎌ヶ谷宿

《木下河岸》

木下街道については 多くのホームページで解説されていますが 利根川に面する木下河岸(印西市木下)から 北総台地を斜めに横切って東京湾に面する行徳にいたる江戸時代の主要街道です。銚子から木下河岸までを利根川の水運により  木下河岸から行徳には陸路(木下街道)で結ばれ 行徳からは再び水運で江戸に至った 利根川はこの辺りからか川底が浅くなる こと等の地形上の理由により物資の種類によっては この辺りから陸路を選んだのであろう。特に 生鮮魚類など短い時間を要するものは 布佐河岸(木下河岸の近く)から陸路松戸に向い江戸川に面する河岸から船で江戸へ下った このルートは生街道(なまかいどう)とよばれていた。
また 近世 木下街道は江戸からの鹿島・成田詣の道でもあり ほぼ中間点には鎌ヶ谷宿が設けられ利用されていた
芭蕉「鹿島紀行」には「やはたと云里を過れば、かまかいが原と云ひろき野あり」とあり 十辺舎一九「金草鞋五編」には「かくて八幡をすぎて金が原(鎌ヶ谷)の野にいたるここは小金の原より続き  野馬おびただしくあそびゐたるさまめずらしく一興なり」とある(写真拡大)

牧場と開発

台地の縁辺部は侵食により樹枝状の無数の谷が切れ込んでおり谷津田が拓かれた。しかし、台地の奥の部分は生活用水の入手が困難なことから集落はあまり形成されずに 原野が広がっており、江戸時代には「小金牧」や「佐倉牧」などといわれる徳川幕府の馬の放牧地が広がっていた。牧には野馬土手が作られたが今でもその痕跡は方々に残っている。 明治時代に入るとこうした原野は陸軍(習志野原)の施設や御料牧場(三里塚)として開発され、また版籍奉還によって失業状態に陥った士族らに大規模な開墾を行わせるために、この台地の各地に入植させた。
13の入植地にはそれぞれ開墾の順序により新しい地名が付けられた。(東京新田と総称される。以下、その入植地名と現在の所在市町村を記す。)
初富(はつとみ、鎌ケ谷市) 二和(ふたわ、船橋市) 三咲(みさき、船橋市) 豊四季(とよしき、柏市) 五香(ごこう、松戸市) 六実(むつみ、松戸市) 七栄(ななえ、富里市) 八街(やちまた、八街市) 九美上(くみあげ、香取市) 十倉(とくら、富里市) 十余一(とよいち、白井市) 十余二(とよふた、柏市) 十余三(とよみ、成田市・多古町)
昨今では、なだらかで安定した地層であることが利点となり、特に都心に近い北西部では千葉ニュータウンなど多くの団地が建設され都市化が進行している。また北東部でも成田国際空港などが建設されている。
資料:≪小金中野牧の馬土手≫

千葉ニュータウン

白井市、印西市の台地の一部は 高度成長期以降 千葉ニュータウンとして住宅地が造成されてきている
1966年に事業計画制定 当初の計画人口は34万人 当時の計画面積は約2,912ヘクタール  1967年2月に用地買収開始  1970年3月に造成開始 千葉県企業庁および都市再生機構(UR都市機構)による共同開発であり 大規模な当初計画は オイルショックやバブル崩壊 また少子化の影響もあり 当初の予定に比べて規模が縮小されている 
東西約18km・南北約3kmに広がり、総面積1,933 haのうち6割以上を印西市が占める 2010年1月末現在の計画人口は14万3300人。居住人口は8万8961人
地域は谷津を縁取る斜面林等を境として、新興住宅地(Urban)と旧来の農村地帯(Rural)の両者がはっきりと区分され それぞれが混合することなく独自の景観を形成していることが特色である これら地域をまとめてRubanと呼んでいる人もいる
Rubanを、東京から成田国際空港まで北総鉄道と国道464(未完成)が貫いている