菜園と周辺の草花等

冬になると菜園の日々の変化は少なくなってくる。暫くは花の姿も少ないだろう。 

ナズナ

ナズナ-(撮 影 2019.12.26.)-春の七草のひとつ、ペンペングサ。

ミミナグサ

ミミナグサ-(撮 影 2019.12.26.)-葉から小さな毛が一面に生えている。近頃は帰化植物のオランダミミナグサの勢力が強く、これもそうか、または交雑種かもしれない。

スミレ

ビオラ-(撮 影 2019.12.26.)-野菜の株間に生えていた。未だ姿は少ない。

ナンテン

ナンテン-(撮 影 2019.12.26.)-冬の寒気の触れたためか、葉の色が全面的に赤くなった。

カマキリ

カマキリの卵-(撮 影 2019.12.26.)-冬至の湯に供するためにユズの実を収穫していると発見。

ホトケノザ

ホトケノザ-(撮 影 2019.12.26.)-春の七草の一つ(此方はコオニタビラコ)とは違うらしい。菜園で、一番先に花を咲かせかつ繁茂する雑草である。

イチゴ

ボタン-(撮 影 2019.12.26.)-ボタンの枝の先には、花芽が用意されている。

トウガラシ

フジ-(撮 影 2019.12.26.)-昨シーズンにはフジに花は付かなかった。来シーズン用の花芽は見られる。花芽を制限し隔年の着果を防ぎたい。

タデ

シュンラン-(撮 影 2019.12.26.)-冬の寒さでも青い葉は変わらない。菜園の片隅に鉢の中で春を待つ。