雑記帳

近隣の池に来た水鳥たち

 北総台地では、従来、雨は林、草原、農地を通じで台地に浸透しここで保水された。やがて、その水は長い時間に谷津に浸み出し川となり、または水田で利用された。  近年、台地上では、急速に開発が進めれられ台地の保水力が小さくなり、下流へと雨水が一挙に流れ出る可能性がでてきた。 その対策として台地に割り込んだ谷津を利用して造られた調整池が方々にある。 冬になると、そこに数多くの渡り鳥が姿を見せる。

池ノ上調整池

池ノ上調整池‐(撮 影 2019.11.08.)-(白井市の中央部 住宅街の端)夏に静かだった水面に、この季節になると波紋が拡がる。留鳥であるシラサギの隣ではホシハジロ、オナガガモと思しきカモ類が泳いでいる。

坂田ヶ池

坂田ヶ池-(撮 影 2019.11.17.)-(成田市の西部 坂田ヶ池総合公園)この池は古から近隣の農地の灌漑用として利用された。 現在は公園化され広く市民にも親しまれている。 台地が複雑に侵食された谷間にあり、湖面は複雑な形となり、周りは台地の大木に囲まれている。大木の繁みのお陰で水面の鳥の警戒心が和らいでいるため、水鳥を比較的近くで観察できる。

七次川調整池

七次川調整池-(撮 影 2019.12.17.)-(白井市西部 住宅街の端)給餌されているため多くの鳥が集まる。オオハクチョウも30羽程度湖面で遊んでいる。オナガガモの数が圧倒的に多い。

 
松崎台の池

松崎台の調整池-(撮 影 2019.12.11.)--(印西市中央南部 流通団地の端)流通団地の開発とともに設けられた、人影の少ない場所にある。

マガモ

マガモ-(撮 影 2019.11.17.)-(坂田ヶ池)この池にはマガモが多くみられる。   

コガモ

コガモ-(撮 影 2019.11.17.)-(坂田ヶ池)池を横断する舟橋の途中で餌を与える人も多い。水鳥が近くに寄って来る。  

 
カワウ

カワウ-(撮 影 2019.11.17.)-(坂田ヶ池) 近年 羽数が増加していると報じられている。

>ハシヒロガモ

ハシヒロガモ-(撮 影 2019.11.17.)-(坂田ヶ池) 

オオハクチョウ

オオハクチョウ-(撮 影 2019.12.17.)-(七次川調整池)日本で越冬するためシベリア方面から千島列島経由で飛来するらしい。