雑記帳

千葉ニュータウン

 千葉ニュタウンは1970年から造成が開始されたが、50年以上経た今日も住宅の建設が進められている。この間、社会経済の大きな変動に見舞われ紆余曲折があり 計画通りには進まず長い時間を要することとなった。しかし、長い期間にわたって建設されたことで、年齢層に大きな偏りが見られず、団地高齢化の現象を防ぐこともできた。
 元々、この計画地域は都市開発から取り残された純農村の畑作地帯であった。ここに、異質な近代的なニュータウンが、区域を画して突如移植された。したがって千葉ニュータウンの周囲は計画地域の境で、里山を残す昔からの農村と都会風の住宅街が背中合わせにあるという奇妙ともいえる風景を作ることになった。都会から移住したニュタウンの住民のなかには、自然豊かな里山が身近にあることを喜ぶ人も多い。
(撮影 2019.07.10.)

 
千葉ニュータウン中央駅

千葉ニュータウン中央駅-ニュータウンは計画区域の中央を北部と南部に分けて北総線の電車(都心-成田空港)が走る。千葉ニュータウン中央駅を出ると北部と南部の住宅地を結び、見渡せる道路に出る。

国道464号線

国道464号線‐北総線に沿って国道464号線が走る。北総線の側には、成田高速鉄道も計画されていた、その敷地に 464線の片側2車線が追加された(写真 右側)。この道路は約10kmの間に信号がない。

建設ラッシュ

建設ラッシュ-マンションの建設は続く。全国的な人口減少のなかで、なぜ、ここでマンション建設が進むのか。いくつかの仮説は考えられるが、自分で確かめるのは難しい。

 
戸建て住宅街

戸建て住宅街-戸建て住宅の地域もあり、戸建ての戸数も増加している。

百庚申塔

百庚申塔-江戸時代のこの地でも庚申信仰が盛んであった。この百の庚申塔は、森の中に入って確かめたが、今や戸建て住宅と公園に囲まれている。

谷津頭

谷津頭-ニュータウンの建設は、標高20から30mの台地で進められた。台地には、これを侵食してできた谷津川が入り込んでいる。その一番奥が谷津頭である。台地が急斜面で下っており、そこに湧水がある。谷津川の下流ではこの水を利用した水田が開かれた。台地から谷津頭に下ると農村地帯に入ることになる。

 
耕作放棄水田

谷津頭-谷津頭の湧水も、台地の宅地化で量が少なくなった。又、下流の水田地帯もこれに頼らなくなった。今は草叢と化した中を湧水が流れ、ハンノキが茂りはじめていた。そこをオニヤンマが飛び交っていた。

道祖神

道祖神-農村地帯に入ると道路わきに小さな道祖神数体があった。道路整備の際に移転させら集められたものであろう。古くからこの辺りに集落と道があったことが分かる。

野兎の足跡

野兎の足跡-道路わきの耕された畑を見ると、昨夜の野兎の足跡が残っていた。農村地帯に入ると未だ緑が多い。