雑記帳

岡発戸谷津(我孫子市)

 我孫子市(あびこし)には、岡発戸(おかほっと)と呼ばれる谷津がある。周囲は都市近郊の宅地として開発され住宅が立ち並ぶとともにゴルフ場も開設されている。 台地が裂けたようにある谷津だけは開発から取り残され自然の豊かなままの姿を残している。 。この谷津の下流部分は、元々は手賀沼の入江で水面下にあったらしいが、手賀沼周辺の干拓事業により地面が表れ水田となったと解説されている。 地元市民有志により、この自然を残すための谷津保全活動が続けられている。(撮影 2019.11.29.)
 ( 千葉県には、普通では読めないような漢字の地名が沢山在ります。歴史ある古い地名を大切にし、そこに漢字を当てはめたためと思われます。)

手賀沼

手賀沼‐岡発戸の谷津は、手賀沼の北部にある丘陵を削って流れ出る谷間である。丘陵の向こう側には利根川の流域が広がる。

谷津の遠景

谷津の遠景-谷津の両岸は急な斜面となって台地に続く。関東ローム層で覆われた関東平野では岩がなく、 斜面には雑木等が密集した林となっており、雑木林が谷津を縁どるかたちとなっている。

流れる小川

流れる小川-谷津の中央には、台地から浸みだす水を集めて、小川が流れる。水は清らかに、静かに手賀沼に向かう。両岸の草は晩秋でも何故か青々としていた。

 
湧き水

湧き水-斜面林の麓からは、常時、湧き水が流れ出ている。先日の雨もあって水量は多い。

ハンノキ

ハンノキ-水が湧き出す近くの低地は、ハンノキの林となっている。

アオサギ

アオサギ-池となった休耕田では、アオサギを発見した。他の鳥類も沢山集まる。

 
散策小径

散策小径-谷津を縁どる斜面林の麓の、低地から少し高い場所に散策用の小径が設けられおり、谷津を一周できる。小径沿いの木が紅葉していた。

腰曲輪

斜面林の紅葉-立った小径の対岸の斜面林の紅葉の様子。斜面林の紅葉の美しさを期待してこの日時に訪れたが時期的にはもう少し後の方がよかった。

弁本丸と第二曲輪

ガマの穂-谷津を横切る風が、ガマの穂を解いていた。