北総の季節の情景

今年は暖冬であった。気温は日毎の変動が大きいこともあった。森の木それぞれは開花の日をどうするか迷ったに違いない。

春の雪-(撮 影 2020.03.29.)-今年は暖冬と言われ積雪も見られなかった。サクラも例年になく早く満開となった。いよいよ本格的な春を迎えようという矢先に気温が急降下し大雪に見舞われた。

  

甲羅干し-(撮 影 2020.03.21.)-春の小川の岸辺では菜の花が満開、日当たりの良い場所ではカメの集団が甲羅干し。このカメは印旛沼周辺に生息する特定外来生物「カミツキガメ」で外来駆除指定されている。

  

サクラ-(撮 影 2020.03.28.))-サクラが満開で土曜日であるのに、桜並木に人はいない。ぼんぼりも花見の宴会も子供の遊び間見当たらない。コロナウイルスの影響は大きい。

ハナカイドウ-(撮 影 2020.03.28.)-葉を落とし枯れ木の如くであったカイドウが葉を吹き出し赤い花を着けた。短時間で見事な変身である。

川遊び-(撮 影 2020.03.21.)-水ぬるむ候となり、子供が川遊びに興ずる。時代の変遷で、こんな姿も近頃は珍しい。

ヤナギの花-(撮 影 2020.03.21.)-勢いよく流れゆくせせらぎの側で、ヤナギが若芽を出し、花を咲かせている。

ハナニラ-(撮 影 2020.03.28.)-道傍の雑草の中にハナニラが花を咲かせていた。繁殖力が目覚ましく至る所で群生ている。

ナシの開花-(撮 影 2020.03.30.)-サクラの花びらが散り出すころ、ナシは白い花を咲かせる。こちらは栽培木であり棚の上に水平に花を咲かせる。「。