北総の季節の情景

11月下旬から気温が一挙に冬に向かって下がったように感じる。樹々の色を見ていてもそう思えるが、紅葉の盛りは、この辺りでは12月に入ってからだ。

ナシ園-(撮 影 2019.11.28.)-豊作で、農家に大きな収入をもたらしたであろう梨も、秋を向かえて休みに入る。園全体が黄色く変色していた。

  

ツタ-(撮 影 2019.11.19.)-大木に絡まったツタの紅葉は真っ赤な色に紅葉する。その時期に入ろうとしている。

森の色-(撮 影 2019.11.19.)-里の森の色が、秋が深まったことを告げる。

ドウダンツツジ-(撮 影 2019.11.28.)-ドウダンツツジの紅葉は一段と映える赤となっていた。

紅葉-(撮 影 2019.11.28.)-森の中を覘くと、樹々それぞれが独自な色に染まり始めている。

ミズドリ-(撮 影 2019.11.17.)-森の中の池では、多くの渡り鳥が休息している。森の静けさに安心しているためか観察もやりやすい。

サクラ-(撮 影 2019.11.28.)-紅葉したサクラの木の側で、冬咲きのサクラが咲いている。いずれも綺麗で稀にみる光景である。

二番穂-(撮 影 2019.11.29.)-稲を刈り取った株の跡に、再び稲が芽を出し稲穂を着けた。稲穂の実は鳥たちの貴重な餌となる。