北総の季節の情景

年末を迎えることとなった。自然の賑わいも収まり、冬の景色に取り囲まれながら、何時もの様にこの一年を振り返る。

ケヤキ-(撮 影 2019.12.26.)-関東平野の田舎の冬の景色を象徴する箒を立てたようなケヤキの姿も、この辺りでは珍しくなった。

  

マユミ-(撮 影 2019.12.26.)-落葉したマユミの木には優しい感じの桃色の実だけがあった。

new! ハンノキ-(撮 影 2020.01.11.)-川辺の湿地帯に林を作るハンノキは、 全ての葉を落として冬模様であるが、もうすぐ枝から長い雄花の長い房を垂らすだろう。

new! -(撮 影 2020.01.11.)-寒の入りとなったが、陽だまりで猫が日向ぼっこをしている。

ロゼット-(撮 影 2019.12.26.)-サクラの木の下では、雑草たちがロゼット状で地上で這いつくばりながら春を待つ。平身低頭、災いが通り過ぎるのを待つ。

new! 荒起し-(撮 影 2020.01.12.)-稲の刈り取り後には、二番穂が伸び放題であったが、 稲の植え付けに向けて準備が進む。先ずは、寒中の荒起しが圃場ごとに順次行われる。

ツグミ-(撮 影 2019.12.26.)-ツグミが渡ってやってきた。野原で小さな跳躍を繰り返しながら盛んに餌を探している。人が近くなると茂った草叢の方に移動し、姿を見つけることが難しくなる。

new! コセンダングサ-(撮 影 2020.01.11.)ー野原は全て枯れ草となった。枯れ草の先には実がなり何かに付着する機会をうかがっている。