北総の季節の情景

今年の梅雨は、曇天続きで低温気味に推移した。梅雨明けは7月29日と何時ものより遅かった。梅雨明けとともに気温は急上昇し、全国的に蒸し暑い日々が続いている。

new! ナシ園-(撮 影 2019.08.11.)-7月の天候不順で心配された今年の梨の出荷がようやく始まった。例年、今の時期は幸水が盂蘭盆の贈答品として人気がある。梨農家の庭先は直販対応で忙しい。

  

new!夏から秋へ-(撮 影 2019.08.13.)-真夏日の猛暑が続くことは変わらない。でも、フト秋の気配が忍び寄っていることもある。

new! ムクゲ-(撮 影 2019.08.11.)-夏の花として日常的によく見かける花である。「道野辺の木槿は馬にくわれけり」。馬と木槿の風景が俄かには浮かばない。

アキノタムラソウ-(撮 影 2019.07.30.)-林間を入ると微風が抜ける草叢に涼しげな色の花穂が揺れていた。アキノタムラソウだろうか。

new!スズメハチ-(撮 影 2019.07.30.)-緑陰と微風を提供してくれる林間もいい気にばかりなっては居られない。立ち入り禁止の区域が行く手を阻む。

new!サルスベリ-(撮 影 2019.08.13.)-炎天下に咲くサルスベリの色は、赤が好きだ。暑さの中の火炎のようだ。

クリ-(撮 影 2019.07.30.)-クリの実もそれらしく形を整えてきた。

new!リンゴ-(撮 影 2019.08.13.)-この辺りではリンゴの栽培は、珍しいが、真っ赤な実を着けていた。