雑記帳

消えた前方後円墳を訪ねて

 船橋市小室地区は北総台地の一部であり、船橋市の北部に隣接する白井市に三角形の小室地区が突き刺さるように入り込んでいる。そこに、現在は開発によりその姿を消してしまったが、前方後円墳のあったと言われる場所があり、訪れてみた。(2019年8月19日実施された「ご近所探訪・地域を学ぶ」-船橋市教職員組合主催-に参加 )  
 この台地は、1970年ごろから開発がすすめられ、北総線に沿って長く伸びる千葉ニュータウンを構成を構成する町の一つとなって、現在はほぼ全面が住宅街となっている。地域は旧石器時代から江戸時代に至るまでの各時代の遺跡が発見されており、町全体が史跡であるといわれている。
(撮影 2019.08.19.)

 
小室地区概況

小室地区概況-

 台地のこの地域は印旛沼に注ぎ込む神崎川とその支流の二重川に囲まれた台地である。南側は地域を北部と南部に分けて走る北総線(都心-成田空港)と国道464号線が走る。台地の二辺に接する川の両岸には水田が広がり、古墳のあった小高い場所から神崎川方面を見渡せば広い眺望が開ける。古墳時代には印旛沼は外海とつながり水運の要所であったと思われ、その湖面はこの台地の近くにまで及んでいたであろう。

前方後円墳

前方後円墳
 全長32m後円部径21.5mで7世紀の初めに構築されたものと思われる。円部には埋葬施設の横穴式石棺が、後方部には埋められた木棺が見つかっており、古墳の周りの溝にも埋葬したと思われる墓穴が見つかっている。横穴式石室からは勾玉などの装飾品が、木棺跡からは太刀やガラス玉が、古墳の周りの溝にあった墓からは鉄の矢じりが土出。
 古墳からは神崎川に向けては、絵の通り、見晴らしが非常に良かったよいと思われる。(参考資料;「船橋市の遺跡マップ」「ふなばしの遺跡」「飛ノ台史跡公園博物館」)

前方後円墳のあった台地

前方後円墳のあった台地-近くの谷津側から眺めると、台地と谷津の間の斜面は林となっており、その林の向後方に前方後円墳のあった台地が広がる。現在は宅地化されている。谷津は調整池として堤防でせき止められている。

 
バイオリン型土偶

バイオリン型土偶-この形がバイオリンの胴の部分に似ていることからバイオリン形土偶と呼ばれ、千葉や茨城など関東地方東部で集中してみられる。土偶は縄文時代早期のもので現存長が2cm、最大幅1.8cm、重さはわずか2.49gと小さなもので、頭部はなく、バイオリンの胴の部分に似た、体の一部(女性の上半身)のみの形が特徴的です。縄文人の暮らしや文化、美意識、そして現代の私たちに至るまで連綿と続いてきた歴史……そうしたものの姿を、指先ほどの大きさしかない小室の土偶が、全国や海外で展示され人々に感銘を与えている。(展示と説明「飛ノ台史跡公園博物館」)

本覚寺

本覚寺-小室地区はニュタウン開発で古い建物はほとんど見当たらない現代風の住宅街である。そんな中でこの地区の歴史を思わせる数少ない建物が本覚寺(1991年改築)である。鎌倉時代から続く古刹であると言われる。元は真言宗であったが、この地域によくある例で、中山法華経寺と同じ日蓮宗に改宗している。

八幡神社

八幡神社-本覚寺の東側の小山には八幡神社がある。この神社を管理する別當寺は本覚寺である。1331年の古文書にこの寺らしい名前が残っているという。境内には、他に稲荷神社、天神社、古峰神社等の石碑が多数建っており、この地域の長い歴史を感じさせる。

 
印旛沼方面

印旛沼方面-本覚寺の境内から印旛沼方面を見ると、広く平野が広がっている。印旛沼は干拓事業により周辺部分は水田化されたが、古墳時代には近くに湖面が見えたと思われる。

水田

水田-神崎川流域の水田は現在も水田農業が続けられている。広い水田の豊かな生産力が豪族を育て、前方後円墳の構築ができたのであろう。

弁天宮

弁天宮-神崎川流域の広がる水田は、台地から浸み出て谷津に出る水を利用した。稲作に欠かせない貴重な水源を守るために弁財天が祭られていたのであろう。