北総の季節の情景

梅雨後に続いた、高温の日々は、それ以前の曇天・低温の日々を忘れさせた。日本列島各地でも酷暑日が続いたが、それに比べるとこの地域はまだましであった。

ナシ園-(撮 影 2019.08.11.)-7月の天候不順で心配された今年の梨の出荷がようやく始まった。例年、今の時期は幸水が盂蘭盆の贈答品として人気がある。梨農家の庭先は直販対応で忙しい。

  

夏から秋へ-(撮 影 2019.08.13.)-真夏日の猛暑が続くことは変わらない。でも、フト秋の気配が忍び寄っていることもある。

ムクゲ-(撮 影 2019.08.11.)-夏の花として日常的によく見かける花である。「道野辺の木槿は馬にくわれけり」。馬と木槿の風景が俄かには浮かばないのは時代のせいだろうか。

カキ-(撮 影 2019.08.29.)-未だ緑色の実は、遠目には葉と区分出来ないが、近くで見ると大きくなり少し違う色になりつつある。

クヌギ-(撮 影 2019.08.29.)-コナラと比べて、ドングリの着果数は少ない。袈裟に包まれた中から顔を出していた。

水田の稔り-(撮 影 2019.08.19.)-8月に入ると高温晴天が続いたお陰か、水田ではいねが立派に稔ろうとしている。

カタクリ-(撮 影 2019.08.29.)-伸び放題の蔓の先を見上げると、カタクリが花を付けていた。この花が咲くと秋冬野菜の準備を始めなければならない。

リンゴ-(撮 影 2019.08.13.)-この辺りではリンゴの栽培は、珍しいが、真っ赤な実を着けていた。