雑記帳

大賀はす

 有名な大賀はすについては、説明するまでもないが、大賀博士が、千葉市にある東大の検見川農場で発見された古代はすの種子を発芽させたものである。この種子は放射性炭素年代測定法により、約2000年前のものとされている。2000年前は弥生時代であるが、同種のはすは、づーと古い縄文時代から存在していたものと容易に想像できる。この妖艶な色と型の花を、同じく、縄文人、弥生人がどんな姿で何を考え見ていたかを考えると不思議な感慨に襲われる。 。
 このはすは博士が発芽させたものを移植したものであるが、ここ千葉公園は、種子が発見された場所からそう遠くはない、古代にはここで自生していた可能性も十分に考えれれる。 (撮影 2019.07.01.)

 
千葉公園

千葉公園-海岸近くの台地で、一部が侵食されて浅い谷間となり、そこに川が生まれ、流れが滞るところには沼ができる。千葉公園はそのような地形の中にある。

池

‐公園の中心には、台地が窪んで水が集り形成された池がある。対岸の四阿の前にはすが群生している。

はすの群生

はすの群生-はすの群生に近づくと、はすの葉の合間から多くの花が姿を現している。

 
江の島

回遊路-はすの群生の中やその周囲には、回遊路が設けられ容易にはすの花に近づくことができる。

はすの花

はすの花

 
大仏切通

鎌倉大仏

鎌倉文学館