雑記帳

緑の映える鎌倉の山手を歩く

 鎌倉といえば八幡宮や江ノ電界隈のイメージが自分の中では大半を占める。今回、鎌倉の山手方面を歩く案内があったので参加した。鎌倉は天然の要害と言われいるが、、平坦部は僅かで そこにある町は周囲を山で取り囲まれている。標高は高くないがなるほどと思わせる。しかし、市街化がすすみ、宅地がこれらの山地を侵食し開発が可能な地域は全て開発された様子だ。それでも、まだら模様に残った山の緑は鎌倉の風景を豊かにしている。 (撮影 2019.05.30.)

 
大船

大船-JR大船駅で下車して、鎌倉の山手を横断するモノレルで西鎌倉駅に向かう。

広畑緑地

広畑緑地‐山の両面から宅地化が進んで、急傾斜の山の面が開発から取り残され、そのあとに緑地公園がある。新興住宅地の住民のとっては自然と触れ合う貴重な場所であろう。広町緑地の位置(google map)

七理ガ浜

七理ガ浜-広畑公園の山を通り越して、反対側の住宅地に向かう。緩い斜面の山林を住宅地として開発したものであろう。緩やかに上下する道の周囲には立派な住宅が立ち並ぶ。

 
江の島

江の島-住宅地を北上すると、次第に標高を増す。眼下には相模湾が広がる。その向こうには伊豆半島が見える。

箱根

箱根-はるか遠景には箱根の山が微かに見える。カスミのかからない晴れの日には富士山が綺麗に見えるらしい。

夫婦池公園

夫婦池公園-七理ガ浜の住宅地を北上し、別荘らしい建物が集まる最上部を過ぎると大仏切通方面に向かって下り斜面となる。山の緑が多い中にも住宅の姿は絶えない。相当下ると、調整池と思われる夫婦池公園についた。

 
大仏切通

大仏切通-有名な7つの切通の一つで、長谷から常盤を経て藤沢に抜ける道にあたっていた。近くからその様子は伺い知れたが、おそらくこの辺りに岩を削った切通があったのであろう。

鎌倉大仏

鎌倉大仏-「夏の木立の・・・」の歌の通り周囲を緑に囲まれた中に大仏が鎮座ましました。見物客の列は途絶えることはない、すごい人気のスポットだ。1238年に着工した阿弥陀如来像と解説してあった。

鎌倉文学館

鎌倉文学館-明治時代に前田侯爵家が建立した邸宅を利用したものである。深い緑に包まれた場所にある。