雑記帳

道作古墳群(印西市)

  印西市のはずれにある平地林の側を車で通過するとき、雑木林のなかに前方後円墳らしい土盛があるのが長い間気にかかっていた。この度、市により公園として整備され保存されることとなったと聞き訪れた。

    古墳時代( 250年から600年)とは如何なる時代であったか、年表を調べてみる。
  1. (出典 https://www.papy.in/rekishi/nihon/kohun_zidai.html)
  2. 266  邪馬台国の女王、台与(とよ)が晋(中国)へ朝貢する
  3. 270~310頃  漢字の伝来 ※紀元前との説もある
  4. 3世紀後半頃  前方後円墳や円筒埴輪が出現する
  5. 3世紀後半頃  ヤマト王権(大和朝廷)が国内を統一する 大王(おおきみ)を中心とした各地の豪族の連合政権であり、
        国家の政治の為、氏姓制度を導入する
  6. 390  応神天皇(第15代)が即位する(実在が濃厚である最古の天皇)
  7. 391  倭が朝鮮半島(南部)の百済(くだら)、加羅(から)、新羅(しんら)を臣民とする(好太王碑 - こうたいおうひ)
  8. 400頃  倭が朝鮮半島(北部)の高句麗(こうくり)、新羅(しらぎ)と戦う
  9. 413  倭が東晋(中国)に朝貢する
  10. 5世紀  倭の五王(讃、珍、済、興、武)が宋(中国)に朝貢する
  11. 5世紀半ば頃  大阪府堺市に日本最大の前方後円墳(仁徳天皇の墓で大仙陵古墳)
  12. 512  大伴金村は百済へ任那4県を割譲する
  13. 513  百済から儒教が伝来
  14. 527  磐井の乱(朝鮮半島南部へ出兵を巡っての国内反乱)
  15. 538  百済から仏教が伝来
  16. 562  新羅が任那を併合する
  17. 587  蘇我馬子が物部守屋を滅ぼす
  18. 588  蘇我馬子が法興寺(飛鳥寺)を建立

 
古墳時代は、日本が国として統一・形成される過程の時代であったと思われるが、何のために、多くの財力・労力をつぎ込み古墳構築を行ったか。前方後円墳と言われるものがが何故全国に分布しているのか。兵庫県、鳥取県、京都府に次いで千葉県になぜ、数が多く群をなしているのか。仏教が伝来の頃から、古墳文化は急速に衰退し消滅していったが何故か。等など私の頭の中は多くの未知で占められている。それでも不思議な魅力が惹きつける。
 道作古墳群は印西市の北側の農村に位置し、両側に低地が入り込んでその間に盛り上がった様にある台地に位置する。
印西市では道作古墳群を次のように紹介している。
 道作古墳群は前方後円墳7基、円墳14基、方墳1基の合計22基から構成される群集墳です。特に全長46メートル、高さ4メートルを測る1号墳は、印旛沼西岸域で最大の規模を有しています。調査の結果、周溝部から下総型埴輪の破片が見つかっており、築造は6世紀後半と考えられます。隣接する4号墳、5号墳も同一方向に主軸をとることからその陪塚と考えられ、被葬者同士の強い関係性を窺うことができます。  本古墳群は、印旛沼の対岸に位置する大規模な群集墳である龍角寺古墳群や公津原古墳群などと並び、古墳時代後期から終末期にかけての当地域の様相を解明するための重要な古墳群です。
 
通作公園公園入り口

 公園として整備され、入り口の標識も作られた。

ノバラ

公園は古墳群の在る地域の一部区域を限ったもので、前方後円墳と円墳を各一個を含んでいる。区域は将来さらに拡大されるのかもしれない。

ヘクソカズラ

 前方後円墳は、生えていた大木は切り取られ、古墳の全型が良くわかる。

 
セイダカアワダチソウ

前方後円墳の側には円墳がある。古墳の群れのなかで個個の古墳の位置はどういう関係を意味するのだろうか。

ノバラ

公園区域に隣接したところにも前方後円墳があった。しかし、林は切り取られその姿を見えやすくしてある。現在は、ここは私有地のようで、畑が迫っている。

ヘクソカズラ

現在の公園区域から少し外れたところにある丸い盛り上がった藪は、その中は円墳だろうか。