雑記帳

枯野に見た夏の痕跡

 時は流れるように移ろい行く。だが、或る時点に在った事物は時が過ぎ去った後も痕跡として残って行く。古代の遺跡のことに比べるべくもないが、つい先ほど通り過ぎた夏場のことも同様である。年末の枯野の中で、盛夏の中で植物たちが季節を謳歌した痕跡を追ってみた。
 
セイダカアワダチソウ

セイダカアワダチソウ-(撮影 2018.12.27.)-秋に川土手に沿って黄色で長い列をなしていたセイダカアワダチソウの花は、綿の塊のようになって, そのまま、頂上に着いている。

ノバラ

ノバラ-撮影 2018.12.27.)-春に小さい白い花を無数に着けていたが、今は、これが赤い実に変化して草叢の中にある。道行く人にリースの素材を提供してくれる。

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ-(撮影 2018.12.27.)-藪に絡んだ蔓に可愛い花を着けていたが、今は黄金色に輝く丸い実となっている。名前は尋常ではないが、生果の時の匂いに由来するらしい。

   
ハンノキ

ハンノキ-(撮影 2018.12.27.)-川沿いの湿地を好むハンノキの高い枝には果実がぶら下る。そろそろ来春の雄花が垂れ下がって来るだろう。

ススキ

ススキ-(撮影 2018.12.28.)-ススキの穂が冬の風にさらされてても、なお、残って付いている。晴天の中で銀色に輝きながら風に揺れている。

エロコログサ

エロコログサ-(撮影 2018.12.27.)-ネコジャラシと言われるように、春には緑の可愛い丸い穂を出していたが、もう枯野に相応しい姿となった。

   
ガガイモ

ガガイモ-(撮影 2018.12.27.)-ガガイモの実が割れて、白い何本もの細い糸を付けた種子がはみ出ている。強い風に合えば空中遊泳が始まる。

ムクロジ

ムクロジ-(撮影 2018.12.27.)-ムクロジ(あるいはセンダン)が黄色い実を枝一杯につけている。ヒヨドリが食べに訪れた気配は未だない。

カラスウリ"

カラスウリ-(撮影 2018.12.27.)-緑の濃淡で縞模様を作っていたウリボウは、全体を真っ赤に変化させ藪の中にぶら下っている。