雑記帳

10月の粟野の森(鎌ヶ谷市)

 鎌ヶ谷市に残る雑木林の一つである粟野の森を訪ねた。此処は住宅地等への開発を逃れ、長い間、手付かずのままの自然で放置され暗い森となっていた。それを見た有志がボランティア団体「粟野の森の会」を結成し、里山として再生し多種の草木が自生できるようにと管理を続けておられる。10月17日、樹々の実には未だ緑が多く残る中で、会の人に案内・解説をしていただいた。大変に興味深かったので再び24日の訪れて写真に収めた。その一部を掲載した。

(撮影 2018.10.24.)

クサギ 垣根の向こうにクサギが沢山の花を着けていた。葉を揉んで匂いを嗅ぐと文字通り臭いにおいがする。

ガマズミ ガマズミであろうか、藪の中に僅かながら真っ赤な実を着けていたのを発見。

オモト 雑木林の林床の日陰で、濃い緑の葉の中に僅か二つの実を着けていた。実は未だ青い

マンリョウ この森では多くのマンリョウの幼木が自生している。。お気に入りの環境と思える。

アオキ 赤い実は未だない。

マムシグサ 実の頂上から色付いてきた。やがて毒々しい赤い色になるだろう。

シロダモ 雌雄異株と言われるが、赤い実を多数つけていた。-

アオツヅラフジ 森と道路を区分する垣根を蔓が這って、所々に濃紺の実を吊り下げていた。

ミズヒキ 雑草の群れの中から綺麗な赤い実を突き出していた。実の下半分の白い部分を少し出して撮影してみた。

ムラサキシキブ 台風で塩害を受けた葉は元気がないが、紫の実は普通通りに育っている。

フジカンゾウ 台風でもまれたか実の数が少なくなっている。

ホウチャクソウ 春先に白い花をぶら提げて森を賑わしたが、今は黒い実を着けてひっそりとしている。-

カラタチバナ 散策路の傍で赤い実が目立つ。江戸時代には好事家から珍重されたともいわれている。

ヌスビトハギ フジカンゾウに似るが、葉は長い葉柄の先に三枚の小葉がつくらしい。多くの似た草がある。

ゴンズイ 赤い果皮が弾けて黒い種子を見せている。