雑記帳

谷津干潟自然観察センターを訪れる

 東京湾の奥では、かって膨大な干潟が広がっていた。戦後、都市部の膨張に伴い干潟は埋め立てられ、工場群や住宅街へと姿を変えた。谷津干潟周辺も埋め立てが進み住宅街となったが、谷津干潟だけは奇跡的に埋め立てを免れ、東京湾とは東西2本の細い河川と結ばれた干潟としてそのまま残された(広さは 約400m×1000m)。 そして、1988年 国の鳥獣保護区となり、1993年にはラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)にも登録された。谷津干潟に設けられた自然観察センターでは、干潟の自然の働きをつぶさに観察出来る施設であり、地球規模で移動する鳥、里地で暮らす鳥等の各種が集う姿を見ることができる。暑い夏の日も漸く陰りを見せはじめた頃ここを訪れてみた。

(撮影 2018.09.12.)
 
コガモ

コガモ--カモ類の中では冬の渡りが早く、また春の渡りが遅めである。越冬中は群れで生活し、関東地方では9月頃から4月頃にかけて見ることができる。雄

セイタカシギ

セイタカシギ--長い赤い脚を持つ。此処では周年観察出来るそうだ。

オオサギ

ダイサギ--水田や川、湖沼などで、魚、両生類、爬虫類、昆虫、更には哺乳類や鳥類までも捕食する。首をS字型に縮めて立っている姿がよく観察される。

   
カワウ

カワウ--生息域の広がりが、地域固有の環境を破壊したり、漁協などによって人為的に放流されたアユやアマゴなどの漁業被害を与えるなど深刻な状況となっている。

ゴイサギ

ゴイサギ--本州以南に周年生息する(留鳥)。冬季に南下する個体もいる。『平家物語』(巻第五 朝敵揃)の作中において、醍醐天皇の宣旨に従い捕らえられたため正五位を与えられたという故事が和名の由来になっている。

コサギ

コサギ--ダイサギ、チュウサギに比べて小さい。くちばしと足が黒い。指は黄色というが見えてない。

     
ウミネコ

ウミネコ--名前の由来は、鳴き声が猫に似ているからだと言われている。

アオサギ

アオサギ--普段の姿は水辺で立ってブロンズのように動かない。直径15㎝位の亀を、試行錯誤を繰り返しながら、とうとうは、丸のみしたのには驚かされた。

マユミ

キアシシギ--シベリア北東部やカムチャッカ半島などで繁殖し、冬季は東南アジア、ニューギニア、オーストラリアに渡りをおこない越冬する。