雑記帳

処暑を迎える森の樹々

 例年にないほどの高温を記録し、それが長続きした今年の夏でしたが、まだまだ、昼間の暑さは衰えを見せない。時々、通り過ぎる風が僅かに暑さの峠を過ぎたころを感じさせる。処暑のそんな日に森に涼を求めた。周りの木々を見ると春から夏へと成長を続けた木々が、その成果を示すように小さな実を着けて秋に向かっていた。(2018.09.01.記)

(撮影 2018.08.19.)
 
アケビ

アケビ--ミツハアケビの蔓が木の枝に絡んで繁茂している。蔓を掻き分けると青い実2個を発見。春先に紫色の小さい花を着けるが、秋には、この実も肥大し同じ色の果皮となる。

ゴンズイ

ゴンズイ--森の中で、一際,目立つ赤い実を着ける。やがてこの実の果皮は裂け、中から黒い種が露出する。開いた赤い果皮の中心に黒い種子があり、赤黒が入り混じる姿で冬を向かえる。

エゴノキ

エゴノキ--春に木の枝一面に小さい白い色を付けて、やがてそれが地面に落下して木の周辺を覆った。今は花の後に青白い小さい実を無数に垂らしている。

   
キリ

キリ--仰ぎ見る桐の木の枝に、紫色の花をがあったが、今は茶色の果実となっている。果実の殻は来春に花が咲く頃、未だ枝に付いている。

ムラサキシキブ

ムラサキシキブ--森から道路際に小枝が葉に出している。その枝に小粒の実が連なっている。これが、秋になると紫となり、秋の風景を構成する一端を担う。

エノキ

エノキ--枝の茂ったエノキでは実がすでに色づいていた。エノキは一里塚跡で多く見かけるが、枝張りが良く広く日陰を作るので旅人に喜ばれたという話もある。

     
コナラ

コナラ--里山の雑木林の代表的な樹木である。木にはドングリが良く育っている。

シナサワグルミ

シナサワグルミ--谷津川の水辺に生えるシナサワグルミは、毎年、無数の種子を枝から垂らしている。これほどに種子を作る必要があるのだろうか、でもこの地域にはこの種類の木は珍しいともいえる。明治の渡来した外来種であるらしい

マユミ

マユミ--晩秋には、優しい感じの桃色の実を枝からぶら提げるが、今は未だ青い。